クリティカルが出ると追加攻撃が出来る!(出続ける限りいくらでも)

PSO2で「何かオススメのゲームありますか?」って唐突にGJが来たんですけど、
アバウトすぎたので持ってないゲームハードや嫌いなゲームジャンルを伝えたらだめだよねーってそのあたり聞き返したんですが何故か茶化されました(´・ω・`)

何が来てもいいようにいろいろ考えていたんですけど!WiiUとかはないけど!スプラトゥーンで良くねそれなら(ぉ



せっかくなので自分語りとして、「自分で初めて欲しいと思って買ったRPG」のお話でも。タイトルはそのゲームの特徴的な戦闘システムのひとつなんですが、分かる人は・・・たぶんいないでしょう(笑)

MEREMANOID ~マーメノイド~

MEREMANOID ~マーメノイド~
1999年 プレイステーション

amazonでの評価
2016062701.jpg

wiki引用

MEREMANOID ~マーメノイド~は、エクシング(XING)から1999年8月5日に発売されたプレイステーション用RPG。
キャラクターデザインは山田章博、シナリオは寺田憲史。オープニングCGはヨーロッパ「IMAGNA’99」にてゲーム部門第3位を獲得した。
登場人物全員が人魚、男性が存在しない女性だけの世界という特異な世界観を持つ。

ストーリー
舞台は女性の人魚たちの世界マーメノイア。その辺境の村に住む主人公アーディンは、不思議な指輪を拾ったことから事件に巻き込まれ、アーディンに隠された謎やマーメノイアの秘密を解き明かしていく。


OP


なんかね、ゲーム屋さん行って普通に欲しいと思った。
プレステのゲーム買ったのは2本目で1本目はXI[sai]。AQUIちゃん可愛すぎてずっとサイコロごろごろしてました。

RPGとかぜんぜんこの頃やったことなくって、あとシナリオもよく読み込めなかったし実は一度積みました()
RPGゲームの難易度としては低の低です。
必殺技DEX順>アイテムDEX順>通常攻撃DEX順>魔法DEX順、という超えられない行動順差がありますのでアイテムによる回復を行う、または先読みで常に誰かにヒールライト(全体回復魔法)を唱えさせておくなどすれば、即死しないHPを持っておくだけで大体安全です。
ショップありますけど装備は拾いもので十分、レベル上げもミミックとか無限沸きしたりするので楽です。

フィールドが海底ということで、操作も特殊です。キー上下で上下降、左右で旋回、○ボタン連打で前方に泳ぎます。慣れるまで街の中の移動すらままならないですw

敵はシンボルエンカウントなんですけど追ってくる敵があんまりいなくて、すぐ振り切れるし、むしろ戦闘したさに追ってこない敵に対して当たりに行くのが難しい()

と、ゲーム面では正直微妙の域を出ませんけど、音楽・シナリオはいいです。サントラとかプレミア付いちゃって2万とかしますし・・・。
シナリオは少々ダークなものの王道的な。ただ、ミュージカルを見ているような台詞回しや随所に挟まれるアクションを好めるかどうかです。好きでなければテンポの悪いイベントシーンにしか見えないと思うので・・・。


序盤イベント台詞抜粋

闇の底・・・そして

祝福されしティアラ(モブでしょうがなんでしょうが二つ名のようなものがキャラに付きます)
 「さあ、ここよ。ここがそうなのよ!!ここが・・・
  こここそが、わたくしがみつけた秘密の場所。」

静かの海のマーサ
 「ティアラさま、少しお声が・・・そのようにはしゃがれては・・・」

祝福されしティアラ
 「誰に聞こえても構いやしなくてよマーサ!いいえ、誰にも聞こえはしないわ!
  ここはわたくしの秘密の場所・・・ここでダケ、わたくしは束の間の休息を感じることが出来る。
  そして、この休息の場所を分け合いたいと思うのは・・・貴方だけなのよ、マーサ。だからつれてきた・・・」

静かの海のマーサ
 「ああ、姫さま。美しき黄金の髪の一族の方よ。私があなたさまの側にいられること・・・
  それをどれほど神に感謝しているか。
  そう、真に偉大なのは我らが神、アフロディテさま。」

・・・

キマシタワー。

だいたいいつもこんな感じです。まあこの登場人物二人とも主人公好きになっちゃってどろどろになるんですけどね。



アーカイブスに出てくれればまたやり直したいなーとか思うのですが・・・むしろリメイクとか・・・無理ですよねw

あと、これらいろいろ調べてる間にアニメ版の存在があったことが一番の驚きでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mistynikkityou.blog.fc2.com/tb.php/915-abb9bc91